第60回日本SF大会

正式名称:第60回日本SF大会

愛称:未定

会期:2021年8月21日(土)~22日(日)

会場:サンポートホール高松(全館)
〒760-0019 高松市サンポート2-1

会費

一般参加
23,000円 2019/12月末入金まで
25,000円 2020/8月末まで
28,000円 2020/12月末入金まで
30,000円 2021/4月末入金まで
35,000円 当日

大学生
5,000円 25歳以下で学生証の提示が必要です。

中高生
3,000円 中高は保護者の許可が必要です。

小学生以下
無料 保護者の同伴が必要です。

予備登録
5,000円

家族割(夫婦など)
同一住所の家族の同一申込で二人目から一人2,000円引きです。

海外割
外国政府発行のパスポートや労働ビザ等の海外居住を証明できるものの提示が必要です。

障害者対応
本人は有料ですが、介助者一名分が無料となります。

※いずれも大会当日の年齢

参加申込

運営団体
主催:第60回日本SF大会実行委員会

会場へのアクセス

https://www.sunport-hall.jp/access/

JR四国高松駅(サンライズ瀬戸に乗ると、始発東京駅から乗車して終点高松駅まで乗り換えなし!)高松港旅客ターミナルビル(日本全国から飛行機で)高松港(船でも)高松駅前バスターミナル(高速バスは日本各地から)南海電車から和歌山港~船とバスという手段も

「第60回日本SF大会」開催に向けて

第60回日本SF大会実行委員長:岩澤弘則

日本でまだ大会を開催したことのない場所「四国」。
今回60回大会の節目に初めての四国開催を! と数年前から現地に下見に行ったり観光課と話をしたりと進めてきました。
そしてついに立候補となりました。うどんとオリーブ、そして2016年には「インバウンド」日本一の伸び率を出した香川県で、私たちはついに開催にこぎつけることが出来ました。

日本SF大会とは

日本SF大会は、アメリカで毎年開催されている世界SF大会をもとに、1962年から継続して開催されている、SFファンが集まるお祭りです。
世界SF大会は毎年5日間程の日程で開催されますが、日本SF大会はおよそ2~3日間の日程で、毎年夏に開催されています。
開催は立候補した各地のファングループの持ち回りで開催され、作家、翻訳家、イラストレイター、マンガ家、編集者などSF出版物に関わるプロはもちろん、様々な分野の科学者や専門家を招き、講演やパネルディスカッション、お茶会など様々な企画を行っています。
コスプレ・ショーや同好のSFファン同士の交流を図る企画、同人誌等を販売するディーラーズルームなども開催され、ゲストとして招かれたプロもファンと一緒に楽しんでいます。
大会中にはSFファンが選ぶ前年度に発表された最高のSF作品を表彰する「星雲賞」の授賞式も行われる、まさにSFファンによるSFファンのためのイベントですが、近年は一般にも門戸が開かれ無料で入場出来る講座なども多く開催されています。